東芝、監査法人を変更へ/太陽は本当に受けるのか?

2016年度決算(2017年3月期)の第3四半期で、PwCあらたから「意見不表明」という評価をもらった東芝ですが、2016年度決算での監査法人変更は諦め、2017年度(現在進行期)からの監査法人を画策しているようです。

東芝、監査法人を変更へ 17年度から、「太陽」が有力(朝日新聞)[外部]

東芝はPwCあらたに辞めてほしい、PwCあらたは東芝なんてもう懲り懲り、という両者の思惑が一致した円満離婚(?)だと思いますが、さすがに決算日が過ぎた段階で東芝の後任を引き受ける監査法人が現れるはずがありません。2016年度本決算でも「意見不表明」が出され、監査法人が退任するという流れは当然だと思われます。

続きを読む

スカパーJSAT、「極めて軽微」な疑惑で決算発表延期

スカパーJSATが決算発表を延期を発表。連結子会社が実施したイベントに関して、「一部の仕入れ取引で、支出内容の適正性の確認が必要になった」とのこと。内部告発でしょうか。

スカパーJSAT、決算発表を延期 不適切な会計処理の疑い[外部]

平成 29 年 3 月期 連結決算発表の延期に関するお知らせ[外部]

珍しいのは決算発表の延期までしておいて「業績に与える影響は極めて軽微」と言い切っていること。金額が小さいのに決算発表延期までするってことは、コンプライアンス意識の高い会社なのか、それとも内部統制的にやばい雰囲気なのか・・・

「バベッジ原理」で実現する低コスト・高品質な経理体制

バベッジ原理で実現する低コスト・高品質の経理体制

皆さんは「バベッジ原理」という言葉をご存知でしょうか。

バベッジ原理とは、業務を細分化して適切に人員配置することで、品質を維持したまま全体のコスト削減とスピードアップが両立できるという考え方です。

と、書くと何だか難しそうですが、話自体は後述のとおりとても単純です。経理担当を考えるときにこの原理を意識しておくと、経理部全体の業務効率が上がり、低コスト・高品質の経理体制をつくることができます。

今回はそんなバベッジ原理のお話と、経理への応用について解説します。

続きを読む

キャッシュフロー計算書作成に必要な知識とノウハウのすべて

キャッシュフロー計算書は、それがどのようなものであるかはご存知の経理パーソンも多いのですが、作り方となると雲を掴むような話でよく分からない!という方も多いのではないでしょうか。

キャッシュフロー計算書は簿記1級の試験範囲ですが、座学で試験を受けたとしても作れるようになるものではありません。また、どんなに高度な会計システムを導入していても、クリック1つで自動作成できる代物でもありません。

一定水準のキャッシュフロー計算書を作るためには、その内容や計算原理をしっかり理解して、システマティックに組み上げていく必要があります。その本質さえ理解できれば、Excelであってもしっかりした計算をスピーディーに行うことも難しくはありません。

当サイトでは、キャッシュフロー計算書作成に必要な知識と計算ノウハウのすべてをまとめました。これからキャッシュフロー計算書を勉強する人にも、実務として取り組んでいく必要がある人にも、必ずお役に立つコンテンツとなっております。

続きを読む

資産除去債務のキャッシュフロー振替シート&考え方

資産除去債務のキャッシュフロー振替シート&考え方

今回はキャッシュフロー精算表で資産除去債務の増減を振り替える方法を、計算用Excelシートを交えて解説します。

資産除去債務は非常に高度な会計で、なかなかとっつきづらい負債科目です。しかし、構造としては難しく考える必要はありません。「負債の増加はプラスのキャッシュフロー、負債の現象はマイナスのキャッシュフロー」という法則さえしっかり押さえておけば、意外と単純に理解することができます。

簡単にいうと、資産除去債務は「撤去費用の未払金」と考えましょう。科目の増加要因が少しだけ難しいですが、それ以外は未払金と同じです。

それでは以下からExcelシートをダウンロードして、資産除去債務のキャッシュフロー振替の考え方を確認していきましょう。


キャッシュフロー精算表のサンプルY530 資産除去債務のキャッシュフロー振替シート ver.1.1.1(Excelファイル)

※マクロは一切使用しておりません


以下ではこのシートの使い方と、資産除去債務の増減差額のキャッシュフロー上の考え方について解説します。

続きを読む

大手?中小?監査法人の売上ランキングと解説

監査法人のランキング

経済界の下世話なランキングをたくさん作ることで有名な東洋経済オンラインが、監査法人の売上高ランキングを独自集計・公表されました。

独自集計!「監査法人の売上高」ランキング[外部]

監査法人のランキングは経理としても気になるところです。大手ならいいという話では当然ありませんが、大手に見てもらっているほうが社会的信用面でプラスに働くということは確かにあります。

一方、バカみたいに高い監査報酬と融通の利かない担当者、そしてロクに研修を受けていない新人(有料)にトンチンカンな質問をさせて、経理担当者をイライラさせるのも大手監査法人のほうが多いので考えものです。
かといって値段だけで信用力のない監査法人を選ぶわけにもいきません。「大手」「準大手」「中小」といった監査法人の「格」にも留意しなければなりません。

そこで今回は、監査法人の売上ランキングを見ながら監査法人の規模をチェックしていきましょう。

続きを読む

経理効率を爆上げする「補助科目」設定の5つのコツ

補助科目のメリットと設定のコツ

3月決算の場合、決算作業に終わりが見えてきている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、一息つくのも束の間、ゴールデンウイークが終わると、今度は現在進行期の最初の月次決算がやってきます。気持ちを切り替えてしっかり対応していきましょう。

さて、新しい会計年度の始まりは、経理高速化(決算早期化)の絶好のチャンスでもあります。

年度決算にせよ、四半期決算にせよ、毎月の月次決算にせよ、決算作業のベースになるのは日々作っていく会計帳簿に他なりません。工夫されたワークシートも、優秀なコンサルタントも、高額な会計システムも、しっかりと整理された美しい会計帳簿には敵いません
整理された美しい会計帳簿を作るのはよく練られた記帳ルールであり、記帳ルールの改定には期初が一番のタイミングです。

整理された会計帳簿の根幹となるのは、筋の通った補助科目を作り、正しく入力していくことです。そこで今回は、補助科目をどのように設定していけばよいか、方針・考え方について解説します。

続きを読む

のれんの減損が頻発するM&Aの構造的な5つの問題

のれんが減損する理由

日本郵政グループが赤字転落を発表しました。原因は2015年に買収した海外子会社ののれん等約4,000億円が減損したことによります。

日本郵政社長「負の遺産を断つ」 民営化後初の赤字(日経新聞)[外部]

今世間を騒がせている東芝も買収した子会社の減損によって大幅な債務超過に陥っています。なぜ買収した子会社はこうも減損するのでしょうか。

この背景には買収した会社の判断ミスなども当然ありますが、M&Aの構造的な問題も横たわっています。今回はその問題に切り込んでみましょう。

続きを読む

簡単!未払金のキャッシュフロー振替シート&考え方

未払金のきゃっしゅふろー振替シート&考え方

今回はキャッシュフロー精算表で使用できる未払金のキャッシュフロー振替シートを公開します。

シート自体は至ってシンプルなので、未払金のキャッシュフロー調整がどのようなものなのかについても解説していきましょう。考え方をマスターすると、未収入金や未払費用のキャッシュフロー振替シートも簡単に作ることができます。

未払金のキャッシュフロー振替を効率的に行うコツは、キャッシュフロー精算表上で未払金の調整列を独立させることです。
つまり、たとえば有形固定資産の調整列で未払金の増減を考慮したキャッシュフローを入力するのではなく、未払金は専用の振替列を作って調整しましょう。そうしたほうが圧倒的に作業が簡単になります。

未払金のキャッシュフロー振替シートは以下のアイコンをクリックするとダウンロードできます。


キャッシュフロー精算表のサンプルY420 未払金のキャッシュフロー振替シート ver.1.1.1(Excelファイル)

※マクロは一切使用しておりません


以下ではこのシートの使い方と、未払金の増減差額のキャッシュフロー上の考え方について解説します。

続きを読む

有形固定資産のキャッシュフロー振替シート&考え方

有形固定資産のキャッシュフロー振替シート&解説

今回はキャッシュフロー精算表のサンプルシートを前提に、有形固定資産の増減をキャッシュフロー精算表に入力するための計算シートを公開します。

有形固定資産のキャッシュフロー振替は、投資キャッシュフローだけでなく、営業キャッシュフローである減価償却費、減損損失、固定資産売却損益・除却損にも影響する非常に高度な科目です。
そのため、有形固定資産のキャッシュフロー振替がマスターできれば、キャッシュフロー計算書はかなりマスターに近づけるといっていいでしょう。

有形固定資産のキャッシュフロー振替シートは以下のアイコンをクリックするとダウンロードできます。


キャッシュフロー精算表のサンプルY510 有形固定資産のキャッシュフロー振替シート ver.1.1.1(Excelファイル)

※マクロは一切使用しておりません


以下ではこのシートの使い方と、有形固定資産の増減差額のキャッシュフロー上の考え方について解説します。

続きを読む