仮想通貨資金調達 会計の整備遅れが経営の足枷に・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日経新聞に、会計屋として朝から気が重くなる記事が。。

揺れる監査法人 リスクとのはざま(上)ICO、ルール整備追いつかず[外部]

ざっくり要約すると、「メタップスという会社がICO(仮想通貨を用いた資金調達)を実施しようとしたところ、会計処理ルールが不明確であるために監査法人との協議が難航している」というもの。

本件、日本のPwCあらたの不手際(本家PwCとの連携不足)はあるのでしょうけれども、一概に監査法人側に問題があるとは言えないのが難しいところです。

経済事象が複雑になればなるほど、考えられる会計処理というのは多岐にわたりますので、「本来こういう処理であるべきだ」ということは非常に難しい判断です。これは監査法人の度胸が足りないのではなく、後で会計処理ルールが明確化されたときに、遡って修正するような事態になってしまった場合、会社も株主も大きな損害を被る可能性があるためです。

しかしながら、会計は本来経営活動を写すべきものですので、会計ルールの不備が経営判断を留保させる要因になっていいのだろうか、という疑問も沸きます。あくまで主体は経営であって、それを補佐するのが会計なのに、まるで会計が経営判断の枠を狭めているような気がします。

ただ、これに関しては安易に動くべきことではなく、時間をかけてルール整備をしていくべきでしょう。会計が世の中の発展を阻害しているようで、残念なことではありますが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)

トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*