【会計監査】(かいけいかんさ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

会計監査とは

会社の財務諸表(その他の開示含む)に重要な誤り(虚偽表示)がないかを、外部機関がチェックすること。

財務諸表は会社の実態を数値化したものであり、投資家は財務諸表の内容を参考に投資するかしないかを検討したり、経営者の仕事を評価する。そのため経営者が嘘の財務諸表を公開し、不当に出資を集めたり、自己の評価を操作しようとする恐れがある。そのため、第三者としての監査人が財務諸表の内容や作成過程を調査し、財務諸表が正しく会社の状況を表現しているかをチェックして、投資家に報告する。これが会計監査の役割である。

上場会社や資本金5億円超などの要件を満たすと、会社は必ず会計監査を受けなければならないと法律で定められており、また、会計監査を担当するのは【監査法人】または公認会計士でなければならない。監査法人や公認会計士を雇う費用は会社持ちである。そのため、法定義務がない会社が監査を受けることはまれ。

なお、監査人は「会計上の」財務諸表が正しいかどうかを監査するのであって、「税務的に」正しい処理がされているかはチェックしてくれない。監査法人にバカ高いお金を払っているからといって、税理士が不要になるかというとそうではないし、税務調査が安心というわけでもない。

また、税理士が顧問の会社を訪問して正しく経理が行われているかチェックすることを「巡回監査」と呼ぶことがあるが、これは会計監査とはまったく違う、税理士のサービスの1つである。

監査法人
財務デューデリジェンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)


トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメント

コメントを残す

*