【四半期報告書】(しはんきほうこくしょ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

四半期報告書とは

上場会社等が四半期(3カ月)に1回開示する、最新のB/SやP/Lの状況を開示する【有価証券報告書】の暫定版。略称は四報(よんぽう)、四半報(しはんぽう)、Q報(きゅーほう、書き言葉)など。

記載内容は【四半期決算短信】とほぼ一緒、提出期限も四半期決算日後45日とまったく同一。四半期決算短信と同時または数日遅れて発表されるため、ほとんどの投資家は短信しか見ない。よって、この報告書が株価に与える影響は限りなく少ないといって差し支えない。

四半期報告書の存在意義(私見)

一応四半期決算短信は四半期レビュー(簡易の【会計監査】)は受けず、四半期報告書は受けるという位置づけ。監査レビューは現場実務が終了しても、監査法人内の審査や四半期レビュー報告書の提出が終わるまでは完了したことにならず、それまで四半期報告書は発表できない。こうしたある意味「儀式」のような時間が生じるため、四半期決算短信はその前の速報開示である、と個人的には考えている。

四半期決算短信
有価証券報告書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)


トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメント

コメントを残す

*