【外形標準課税】(がいけいひょうじゅんかぜい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

外形標準課税とは

資本金1億円超の企業に課される事業税の一種。利益ではなく、会社の事業規模や資本金規模といった外形的な点によって課税がされるため、赤字でも納税が発生する。付加価値割と資本割から構成される。通称「外形」。

外形標準課税は以下の「付加価値割」と「資本割」から構成される。外形標準課税が課される企業は、一般的な事業税である「所得割」も同時に課されるが、この場合所得割の税率は低く抑えられる。

付加価値割

資本金1億円超の会社に課される、事業規模を課税標準とする事業税。その税額は、

(単年度損益+報酬給与額+純支払利子+純支払賃借料)×1.26%

詳細な説明は冗長になるため省くが、ざっくりと税額を見積もりたいなら、

(売上高-商品原価&材料費-外注費)×1%ぐらい

で想定しておこう。大幅には外れないことが多い(例外はあるので注意)。厳密な計算は難しく、経理としても決算においてかなり手間のかかる税である。

資本割

資本金1億円超の会社に課される、資本金等の額を課税標準とする事業税。その税額は、

(「資本金等の額±無償増減資影響」か「資本金+資本準備金」の大きい方)×0.525%

資本金等の額とは法人税法上の出資額で、法人税申告書の別表五(一)の一番下に載っている。【組織再編】などをしていなければ、「資本金+資本準備金」の額と一致することが多い。

組織再編税制

【法人税、住民税及び事業税】の種類一覧と計算方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)

トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメント

コメントを残す

*