【組織再編税制】(そしきさいへんぜいせい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

組織再編税制とは

合併や会社分割、株式交換などの組織再編行為に対して、どのように法人税を課すかをまとめた税体系のこと。法人税法の様々な箇所に分散して織り込まれている。

組織再編税制では、合併等の組織再編行為を適格組織再編(グループ再編としての性格が強いもの)と非適格組織再編(M&A・事業売買としての性格が強いもの)に分類する。前者は簿価で資産負債を移転させ、課税は発生させない。一方後者は時価で資産負債を移転させ、譲渡損益に税を課す。

趣旨は上記のとおりながら、法人税の中でもトップクラスに難解で、かつ、適格と非適格の税務上の差が巨額になる危険な税制である。扱える税理士をよく選んでいただきたい。

最後に宣伝ですが、弊社代表の古旗が運営する提携税理士事務所にて、以下のWebサイトを運営しています。ぜひご活用ください。

組織再編税制とらの巻|日本一便利な組織再編税制の解説サイト[外部]
趣旨から納得!【組織再編税制】の仕組みを理解しよう[外部]


適格合併

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)

トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメント

コメントを残す

*