【しれっと】(しれっと)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

しれっととは

経理においては、過去のミスに気付いた際に、訂正報告はもちろん注記などの注意喚起をしないまま修正すること。「しれっと直しとこう」などと使う。【ガッチャンコ】と同様になぜか業界で浸透しているワード。

しれっと直す場面とは

たとえば財務諸表の比較情報として開示する前期数値にミスが発覚した場合、重要性の大きいものは訂正報告が必要だが、そこまですることもない場合は、何食わぬ顔で遡及修正してしまう。小さなミスでいちいち訂正報告をしていたら身が持たない。遡及修正の開示も恥ずかしいのでなるべくしない。

誤解の内容に明記しておくが、これはあくまで重要性がないと判断された場合に限る。投資家の意思決定に影響するような金額であったり、科目名が全然違っていたりといった場合にはしれっと直してはいけない。

監査対応について

しれっと直す場合でも、【監査法人】には正直に伝えよう。自分たちでは修正の重要性に気付かないことも多い(というか、重要性がないと思おうとしてしまう)ので、第三者の目で判断してもらった方がいい。

些末な問題だと思ってしれっと直して、後で問題になったら、困るのは自分たちである。

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)


トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*