【ゴーイングコンサーンの注記】(ごーいんぐこんさーんのちゅうき)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ゴーイングコンサーンの注記とは

会社が事業が継続することに対して重要な疑義が生じていると判断した場合に、【有価証券報告書】【決算短信】などにその旨を記載する注記。正式名称は継続企業の前提に関する注記、GC注記ともいう。

財務諸表の作成基準である「企業会計基準」は、「会社は永遠に継続するもの」という前提に立って作られている。この前提を「ゴーイングコンサーン(Going Concern)の前提」といい、この前提が成立していないようであれば、通常の企業会計基準で財務諸表を作ることはできない。
ゴーイングコンサーンの注記は、会社が「たぶん会社は永遠に継続するけど、もしかしたら継続しないかも」と判断した場合に、財務諸表を読む人に対して注意喚起するという注記である。必ずしも記載されたら倒産間近というわけではない。

とはいえ、これが載ってしまうと重大な信用問題になるため、経営陣としては何としても載せたくない。一方で監査法人としては、GC注記のない状態で倒産されては責任問題になる。GC注記を載せるか否かの判断には客観的基準が設けられており、経理はその微妙な判定を巡って監査法人とバトルするはめになる。

会計監査
決算短信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)


トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*