【マルチプル法】(マルチプルほう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

マルチプル法とは

企業価値評価手法の1つで、売上高やEBITDAなどから企業価値を推定する方法。マーケットアプローチの代表的手法。

マルチプル法の仕組み

上場会社の中から類似事業を営む会社を複数ピックアップし、それぞれの株価から、その会社が売上高や【EBITDA】といった主要指標の何倍の事業価値と評価されているかを計算し、その平均値等を評価対象会社の売上高やEBITDAを掛けることで、評価対象会社の【企業価値】を推定する。

たとえば、株式市場で企業価値が5億円と評価されている会社があり、その会社のEBIDAが1億円と評価されていれば、EBITDAに対して5倍の倍率(マルチプル)で評価されていることになる。仮に業界平均値も5倍だったとすると、EBITDAが3,000万円の会社の企業価値は、3,000万円×5倍=1億5,000万円程度であると推定される。売上高や営業利益などの指標でも同じように計算し、それぞれの計算結果の平均値などを企業価値とする。

マルチプル法の特徴

マルチプル法は【DCF法】に比べて恣意性の入り込む余地が少なく、比較的客観性が高い方法と言われている。ただし、類似会社選びや日々変動する株価のどの時点を採用するかなど、まったく恣意性が入り込む余地がないというわけではない。

また、DCF法に比べて計算は簡単でコストもかからないため、M&A初期段階における簡便的評価として使われることもある。

客観性、簡便性、理論的整合性のバランスがよく取れた優れた方法である。

企業価値
DCF法

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)


トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメント

コメントを残す

*