【ROE】(アールオーイー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ROEとは

親会社株主に帰属する当期純利益が、自己資本の何%にあたるかを示した経営指標。自己資本当期純利益率。
近年の株式市場では最重要指標と言われている。

ROEの計算式

ROEの計算式はいくつかあるが、下記の計算式が一般的であり、【決算短信】でもこの方法で計算する。

連結決算の場合

ROEの計算式(連結)

単体決算の場合

ROEの計算式(単体)

ROEが重視される理由

ROEの分母である自己資本は、純資産から親会社の株主(財務諸表利用者)に帰属しない部分を除いたものであり、純粋な株主の持分(投資)である。同じく分子は当期純利益の親会社株主に帰属する部分であり、こちらも純粋な株主の利益である。
このように、純粋に株主に帰属する部分の投資利益率を計算したのがROEであり、昨今の株主重視経営の流れを汲んで、もっとも重視すべき経営指標として国を挙げてプッシュされている。

自社株買い

決算短信、四半期決算短信の作成要領が公表されました(2017年2月の経理ニュース)

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)


トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメント

コメントを残す

*