【EBITDA】(イービッダー、イービットディーエー、イービットダー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

EBITDAとは

財務諸表分析で非常によく用いられる利益指標。一般に「償却前利益」と訳されることが多い。

計算方法は色々あるが、一番広く用いられているのが「営業利益+減価償却費」。つまり営業利益を構成する収益費用のうち、キャッシュアウトを伴わない費用を除外したもので、簡便的な営業キャッシュフロー(の小計)ということになる。

この指標が重宝されるのは、事業の「カネを生み出す力」が電卓だけで算出できることにある。減価償却費はつまるところ固定資産投資の結果であり、固定資産投資時にはEBITDAの水準を確かめて回収機関を確認し、その上限を検討する。投資資金を貸し付ける銀行にとっても、EBITDAは返済と利払いの元手であり、もっとも重要な情報と言える。

さらに言えば、減価償却費はイマイチ安定しない費用である。定率法では減価償却費は設備が新しいほど多額に計上されるし、過去に減損があると異常に低くなる。国が変われば減価償却の方法も変わる。そんな曖昧な費用は度外視して、フェアに会社を比較したい、という投資家の要望にも答えられている。

なお、EBITDAはEarnings Before Interest, Taxes, Depreciation, and Amortizationの略で、読み方は特に定まっていない。まぁ会話ではなんとなく理解できるから良しとしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)

トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメント

コメントを残す

*