【実査】(じっさ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

実査とは

資産が実際に存在するか、直接現場に赴いて、現物を見たり数えたりすること。

たとえば現金実査であれば、実際に金庫やレジを開けて中の現金の金額を数える作業であり、固定資産実査であれば、固定資産が設置されている店舗や工場へ行って存在を確かめる。現金は記帳漏れや盗難により帳簿と一致しないことも少なくないし、固定資産は現場が勝手に捨ててしまったり、実際に見るととても使えないほど壊れていることもある。このようなことがあるので、帳簿を実態に合わせるために定期的に実査する必要がある。

経理が帳簿残高の妥当性を確認するために行うこともあれば、監査法人や内部監査室の実査に同行することもある。いずれにせよ、本社に閉じこもりがちな経理にとっては現場を見るいい機会なので、楽しんで臨むといいだろう。

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)

トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメント

コメントを残す

*