【退職給付会計】(たいしょくきゅうふかいけい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

退職給付会計とは

退職給付引当金や退職給付に係る負債を計上するための一連の会計制度のこと。非常に高度な数理計算を実施する必要があり、これによって費用計上しても税金計算上は【損金】にはならないため、非上場会社では行わないことが多い。

退職給付引当金や退職級に係る負債は、将来発生する支出のうち、当期までに発生していると認められる金額を算出・計上するものであり、会社ごとの退職給付規定に則った支給基準、推定昇給率、年齢ごとの退職率や死亡率、【割引計算】などを複雑に絡ませながら計算する。はっきり言って会計屋ができる範囲を超えており、大手上場会社であっても外部の専門機関(証券会社や信託銀行)に一部計算を外注するのが一般的である。

当然、外注すると多額の外注費が発生する。非上場会社では節税にもならない机上の計算に経費を使う道理はなく、退職給付規定があっても計上しないことが多い。

退職給付会計の簡便法

厳正な適用にはお金が掛かる退職給付会計は、小規模な会社であれば「簡便法」が認められている。中小企業ではこちらを用いて、概算でも実態に近いB/S、P/Lを計算することも多い。

具体的には退職金規定の対象者(加入員)が300名未満の場合などに簡便法を選択でき、厳密な計算に代わって、期末の自己都合要支給額を期末の退職給付引当金の金額とすることができる。

感覚的にも中小企業オーナーにも理解しやすく、比較的簡単に計算できるため、少しでも精緻な決算を組みたい場合にはチャレンジしてみるといいだろう。

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)

トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメント

コメントを残す

*