【定借】(ていしゃく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

定借とは

事業用定期借地契約または定期借家契約のこと。通常の借地・借家契約(普通借)では貸主側は原則として更新拒絶ができないが、定借の場合は期間満了により更新されることなく契約が終了する。

上述のとおり普通借は貸主側に「追い出す」権利がなく、かなり借主有利な契約である。これに対して定借は期間満了できっぱりと契約終了となるため、その点では対等といえる。「定期」の契約なので本来解約はできないが、契約書に解約違約金条項が記載される。

経理上の論点

定借によって事業継続期間に上限が課されるため、建物や建物附属設備については契約期間を超える【法定耐用年数】での償却は会計上認められない。したがって、【税会不一致】を発生させる。

また、資産除去債務の計上に関して、「いつ退去するか見積もることができない」という理由で資産除去債務を計上しないという会計判断は、定借の場合は適用できない。(もっとも、この理由による資産除去債務の非計上は最近だいぶ認められなくなっているようだ)。

法定耐用年数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)


トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメント

コメントを残す

*