【現金主義記帳】(げんきんしゅぎきちょう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現金主義記帳とは

月次決算においては現金の入出金で収益費用を計上し(現金主義)、期末決算において前払費用や未払費用の金額を実数に修正することで、P/L計上額を【発生ベース】に修正する記帳テクニック。

簿記3級のカリキュラムに決算整理仕訳としての前払費用や未払費用の見越し・繰延べ計上があるが、要するにそれのこと。

記帳や残高管理の手間が大幅に削減されるメリットがある一方で、正確な月次決算が組めなくなる。そのため、売上高や仕入高、金額的に重要な販管費は通常の発生主義で記帳し、金額が小さい科目や毎月の変動額が小さい水道光熱費などは現金主義記帳を採用することが一般的。

初心者向けの経理テクニックかと思いきや、実は税務申告調整やキャッシュフロー計算書作成においても大活躍する奥が深い概念である。

【発生主義】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)

トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメント

コメントを残す

*