【TOB】(ティーオービー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

TOBとは

株式の買収において、株式市場とは別枠で売り手を公募し、均一の条件で買い集める手法。Take Over Bidの略。株式公開買付、テンダーオファーともいう。

TOBを実施する場合、まず買い手はTOBを宣言し、株主に対して株式買取りの条件(金額など)を提示する。株主はこれに対し、その条件で売るか売らないかを各自の判断で決めることができる。買い手は応じてくれた株主から、提示どおりの条件で買うことができる。

金融商品取引法に規定された法定の買収方法であり、すべての株主に平等の条件で売却のチャンスが与えられることから、公平性が高い。投資家保護のため、上場会社の株式を一定量買収する場合はTOBによらなければならないというルールが存在し、上場会社がターゲットとなるM&Aにおいては必ずニュースになる。

敵対的TOB

TOBは買い手が一方的に宣言することが可能で、TOBが宣言されると買収対象会社の経営陣はそのTOBに「賛成」か「反対」か、または「中立」かの意見を表明する。経営陣が反対する中で強行されるTOBを敵対的TOBという。TOBに応じるか否かはすべて株主の自由であり、単純に金額に納得がいけば売ってしまってもよい。

ただし、敵対的TOBの成功事例はそう多くはない。敵対的TOBはイメージが悪いこともあり、証券会社も手伝いたくないので、そもそも案件が少ないのが現状。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)


トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*