2017年 5月 の投稿一覧

スカパーJSAT、「極めて軽微」な疑惑で決算発表延期

スカパーJSATが決算発表を延期を発表。連結子会社が実施したイベントに関して、「一部の仕入れ取引で、支出内容の適正性の確認が必要になった」とのこと。内部告発でしょうか。

スカパーJSAT、決算発表を延期 不適切な会計処理の疑い[外部]

平成 29 年 3 月期 連結決算発表の延期に関するお知らせ[外部]

珍しいのは決算発表の延期までしておいて「業績に与える影響は極めて軽微」と言い切っていること。金額が小さいのに決算発表延期までするってことは、コンプライアンス意識の高い会社なのか、それとも内部統制的にやばい雰囲気なのか・・・

「バベッジ原理」で実現する低コスト・高品質な経理体制

バベッジ原理で実現する低コスト・高品質の経理体制

皆さんは「バベッジ原理」という言葉をご存知でしょうか。

バベッジ原理とは、業務を細分化して適切に人員配置することで、品質を維持したまま全体のコスト削減とスピードアップが両立できるという考え方です。

と、書くと何だか難しそうですが、話自体は後述のとおりとても単純です。経理担当を考えるときにこの原理を意識しておくと、経理部全体の業務効率が上がり、低コスト・高品質の経理体制をつくることができます。

今回はそんなバベッジ原理のお話と、経理への応用について解説します。

続きを読む

キャッシュフロー計算書作成に必要な知識とノウハウのすべて

キャッシュフロー計算書は、それがどのようなものであるかはご存知の経理パーソンも多いのですが、作り方となると雲を掴むような話でよく分からない!という方も多いのではないでしょうか。

キャッシュフロー計算書は簿記1級の試験範囲ですが、座学で試験を受けたとしても作れるようになるものではありません。また、どんなに高度な会計システムを導入していても、クリック1つで自動作成できる代物でもありません。

一定水準のキャッシュフロー計算書を作るためには、その内容や計算原理をしっかり理解して、システマティックに組み上げていく必要があります。その本質さえ理解できれば、Excelであってもしっかりした計算をスピーディーに行うことも難しくはありません。

当サイトでは、キャッシュフロー計算書作成に必要な知識と計算ノウハウのすべてをまとめました。これからキャッシュフロー計算書を勉強する人にも、実務として取り組んでいく必要がある人にも、必ずお役に立つコンテンツとなっております。

続きを読む

資産除去債務のキャッシュフロー振替シート&考え方

資産除去債務のキャッシュフロー振替シート&考え方

今回はキャッシュフロー精算表で資産除去債務の増減を振り替える方法を、計算用Excelシートを交えて解説します。

資産除去債務は非常に高度な会計で、なかなかとっつきづらい負債科目です。しかし、構造としては難しく考える必要はありません。「負債の増加はプラスのキャッシュフロー、負債の現象はマイナスのキャッシュフロー」という法則さえしっかり押さえておけば、意外と単純に理解することができます。

簡単にいうと、資産除去債務は「撤去費用の未払金」と考えましょう。科目の増加要因が少しだけ難しいですが、それ以外は未払金と同じです。

それでは以下からExcelシートをダウンロードして、資産除去債務のキャッシュフロー振替の考え方を確認していきましょう。


キャッシュフロー精算表のサンプルY530 資産除去債務のキャッシュフロー振替シート ver.1.1.1(Excelファイル)

※マクロは一切使用しておりません


以下ではこのシートの使い方と、資産除去債務の増減差額のキャッシュフロー上の考え方について解説します。

続きを読む

大手?中小?監査法人の売上ランキングと解説

監査法人のランキング

経済界の下世話なランキングをたくさん作ることで有名な東洋経済オンラインが、監査法人の売上高ランキングを独自集計・公表されました。

独自集計!「監査法人の売上高」ランキング[外部]

監査法人のランキングは経理としても気になるところです。大手ならいいという話では当然ありませんが、大手に見てもらっているほうが社会的信用面でプラスに働くということは確かにあります。

一方、バカみたいに高い監査報酬と融通の利かない担当者、そしてロクに研修を受けていない新人(有料)にトンチンカンな質問をさせて、経理担当者をイライラさせるのも大手監査法人のほうが多いので考えものです。
かといって値段だけで信用力のない監査法人を選ぶわけにもいきません。「大手」「準大手」「中小」といった監査法人の「格」にも留意しなければなりません。

そこで今回は、監査法人の売上ランキングを見ながら監査法人の規模をチェックしていきましょう。



続きを読む