キャッシュフロー精算表の計算構造がスッキリわかる話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
キャッシュフロー精算表の構造解説

キャッシュフロー計算書作成の実務は非常に難解・複雑で、簿記1級の試験をクリアしただけではすんなりと入っていけない分野です。

その大きな原因となっているのが、「キャッシュフロー精算表」と呼ばれる巨大なワークシートです。一体これが何を示しているのかが理解するまでに時間が掛かり、実はきちんと理解できていないという方は多いのではないでしょうか。評価が巨大なので余計にわかりづらいものです。

そこで今回は、そんなキャッシュフロー精算表の構造についてご説明します。本稿を読んでから実務に入るのとそうでないのとでは、キャッシュフローをマスターするまでの時間は大幅に変わってくるでしょう。

本稿ではキャッシュフロー計算書作成の基本的な考え方については説明を省略しています。基礎概念は「初めてキャッシュフロー計算書の作り方を学ぶ前に読む話」と「実践!簡単なキャッシュフロー計算書の作り方」に詳しくまとめてありますので、未読の方は先にそちらを読まれることをお勧めします。

また、実際にExcelで作られたキャッシュフロー精算表のサンプルを「キャッシュフロー精算表のサンプルシートと効率化ポイント」にて無料公開しております。実際のシートも見ながら読むとより理解が深まります。

1.キャッシュフロー精算表とは

キャッシュフロー精算表は、キャッシュフロー計算書を作成するためのワークシートです。
キャッシュフロー計算書は非常に複雑な調整を積み重ねながら作っていくため、その一つひとつの調整を整理整頓し、わかりやすく集計していかなければ、必ずミスが発生します。この過程を表形式で見える化するのが、キャッシュフロー精算表の目的になります。

1-1.キャッシュフロー精算表の計算の流れ

キャッシュフロー計算書は、B/Sの増減分析から算出していきます。そのため、キャッシュフロー精算表は、B/Sの科目別増減の算出から始まります

それぞれのB/Sの科目別増減額を、その増減理由に応じて種々のキャッシュフロー科目に振り替えていきます。

すべての各B/S科目の増減をキャッシュフロー科目に正しく振り返ることができれば、キャッシュフロー計算書のできあがりです。

B/S増減とキャッシュフローの関係についてピンと来ない方は、「初めてキャッシュフロー計算書の作り方を学ぶ前に読む話」を再確認してみてください。

2.キャッシュフロー精算表の構造

それでは、キャッシュフロー精算表の構造について見ていきましょう。まずは以下の全体像を確認してください。

キャッシュフロー精算表の構造解説

上記が一般的なキャッシュフロー計算書の様式です。上下2段に分かれており、上段は「B/S分析」のゾーンと「振替」のゾーンに分かれています。

最終的に、下段の一番右の列(赤枠部分)にキャッシュフローが集計され、この集計値がキャッシュフロー計算書の数値ということになります。

以下では、計算の手順に沿って、それぞれのゾーンの役割についてご説明します。

実際のキャッシュフロー作成実務は複雑なキャッシュフロー精算表を使用しますが、その手順自体は「実践!簡単なキャッシュフロー計算書の作り方」で示したシンプルなケースとまったく同様です。以下を読みながらつまづいたときは当該記事を再読してみてください。

2-1.各B/S科目の増減を取得する

最初に左上のゾーンで、各B/S科目の期間増減を計算します。期首と期末のB/Sを並べ、引き算で増減差額を把握しましょう。

キャッシュフロー精算表の構造解説

上記は強調のために「資産B」だけ表示していますが、実際にはすべての資産・負債・純資産科目の増減差額を取得します。

2-2.B/Sの増減をキャッシュフローに換算する

B/S科目別の増減額を、右上のゾーンでキャッシュフローに換算します。

キャッシュフロー精算表の構造解説

「振替3」などの列は、各キャッシュフロー科目に振り替えていく順番を示しています。

キャッシュフローは多数の振替作業(キャッシュフロー仕訳といいます)の積み重ねで作られるため、一括で表示してしまうと何をやっているのかわからなくなってしまいます。そこで、以下のようなルールで列を分けて、どの列が何を振り替えているのか、あとで見たときにわかるようにする必要があります。

  • 振替列1・・・売掛金の増減の振替
  • 振替列2・・・たな卸資産の増減の振替
  • 振替列3・・・有形固定資産の増減の振替  など

2-3.キャッシュフローを科目別に分解・分類する

上記では資産Bの増減をキャッシュフローに換算しましたが、これはまだ「資産Bから発生したキャッシュフローの総額(純額)」を示したものに過ぎません。これをキャッシュフローの種類ごとに分解し、各キャッシュフロー科目に振り分けていく必要があります。

具体的には、前段で換算したキャッシュフロー総額と合計が一致するように、各キャッシュフロー科目に振り替えていきます。

キャッシュフロー精算表の構造解説

B/S科目の変動から換算したキャッシュフロー総額を分解する考え方は、「実践!簡単なキャッシュフロー計算書の作り方」の2と3で説明していますので、ピンと来ない場合は読み返してみてください。

2-4.振り分けられたキャッシュフローを集計する

すべてのB/S科目の変動をキャッシュフローに換算し、それを各キャッシュフロー科目に正しく振り分けることができたら、最後にキャッシュフロー科目ごとに行を合計します。

キャッシュフロー精算表の構造解説

すべての項目で集計が完了すると、キャッシュフロー計算書の合計(純額)は、必ずB/Sのキャッシュ増減と一致します。それが確認できたら、キャッシュフロー計算書は完成です。

3.キャッシュフロー精算表で覚えておきたい3つのワザ

キャッシュフロー精算表はできるだけコンパクトにしたいのですが、キャッシュフローは複雑のため、どうしても大きな表になってしまいます。

どうせ大きくなってしまうなら、表としての機能を最大限活用していきましょう。以下ではフル活用するための考え方をご教示します。

3-1.キャッシュフロー換算を分担する

1つのB/S科目の増減は、必ずしも1つのキャッシュフローに換算する必要はありません。以下のように、複数の振替列に分担させることが可能です。

キャッシュフロー精算表の構造解説

換算したキャッシュフロー総額を各キャッシュフロー科目に振り替える作業は、入念なB/S科目増減分析が必要になります。もし2回に分けて分析したほうが楽だという場合には、2回に分けてしまえばいいだけのことです。

たとえば、私は繰延税金資産/負債の増減を分析してキャッシュフローに落とし込む際には、2回に分けています(具体例は後日公開する予定です)。

3-2.複数のキャッシュフローを合算する

下部の各キャッシュフロー科目への振り替えも、複数の振替結果を合計してキャッシュフロー計算書に落とし込むことができます。

キャッシュフロー精算表の構造解説

上記例では、負債Bの増減の一部が投資CF Aに影響を与えています。イメージとして、資産Bが有形固定資産、負債Bが未払金、投資CF Aが有形固定資産の取得支出です。

振替3で分析された「未払を考慮しない取得支出(有形固定資産の総増加額)」に、振替5で分析された「有形固定資産取得に係る未払金の純増減」を合算すると、その期の実際の取得支出が算出できます。

未払金や未収入金はこのように分けて考えた方が簡単に分析できます(こちらも後日実例を公開する予定です)。

3-3.キャッシュフロー科目間で振り返る

B/Sの増減をいきなりすべて正しいキャッシュフロー科目に振り替える必要はありません。毎期同じように出る定型的な振替処理を機械的に行った後、最後に当期の特殊事情に応じて修正を加えることで、キャッシュフロー計算の時間は大幅に短縮できます。

したがって、必ずしもB/S変動を各キャッシュフロー科目に振り替えるだけでなく、キャッシュフロー科目間の振り替えも検討しましょう。

キャッシュフロー精算表の構造解説

上図は、普段であれば投資CF Bの科目に集計されるべき金額50を、今回何らかの事情で財務CF Bに表示する必要が生じた際の振替処理です。図のように直角的に数字をリレーしていきましょう。

おわりに

今回は、キャッシュフロー実務に入り始めた方が戸惑うキャッシュフロー精算表の構造について解説しました。

私も公認会計士試験を受かってから初めてキャッシュフロー計算書作りに携わったのですが、最初はキャッシュフロー精算表が何をしているのかさっぱりわからなかったことを覚えています。今回はそんな過去の自分を想定読者にして書きました。

以下の記事では実際のキャッシュフロー精算表をExcelシートでお見せして、業務効率化のための具体的な仕掛けを解説しております。ぜひ併せてご覧ください。

キャッシュフロー精算表のサンプルシートと効率化ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらは経理パーソンのためのブログです。

当サイト「ここが噂の経理道場」では、経理パーソンの仕事にとって有用な情報を、ブログ形式でわかりやすくご紹介しております。

経理パーソンが抑えておきたい最新ニュースから、迷いやすい勘定科目の解説、経理業務の高速化・精緻化のコツ、上場会社向け高度会計の解説、連結決算・キャッシュフロー計算書の作成まで、当社が蓄積したノウハウを出し惜しみなく無料で公開し、経理パーソンの皆様に役立てていただきたいと考えております。

ぜひ以下のボタンよりトップページに移動し、まずはご興味のある記事を探してみてください。

これからも「ここが噂の経理道場」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱経理救援隊 代表取締役 古旗 淳一(公認会計士・税理士)

トップページへ移動する

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメント

コメントを残す

*